トップページ > 子どもの歯について > 乳歯の生える時期と順序

乳歯の生える時期と順序

乳歯は永久歯に比べて生える時期や順序がバリエーションに富んでいます。

最も一般的なパターンをみてみましょう。
(日本小児歯科学会2019年の報告によります。)

乳歯の生える時期と順序01

  • 1) 下の前歯の中央(下のA)2本
  • 男児5~9か月
    女児6~9か月
  • 2) 上の前歯の中央(上のA)2本
  • 男児7~11か月
    女児7~11か月
  • 3) 上の前歯の中央から2本目(上のB)
    左右2本
  • 男児9か月~1歳2か月
    女児9か月~1歳1か月
  • 4) 下の前歯の中央から2本目(下のB)
    左右2本
  • 男児9か月~1歳3か月
    女児9か月~1歳1か月
  • →ここまでで上下前歯8本です。
  • 5) 上の中央から4本目の歯でこれは乳犬歯ではなく第一乳臼歯(上のD)という奥歯です。
  • 男児1歳1か月~1歳7か月
    女児1歳1か月~1歳7か月
  • 6) 下の中央から4本目(第一乳臼歯 下のD)
  • 男児1歳1か月~1歳6か月
    女児1歳1か月~1歳7か月
  • 7) 上の中央から3本目(乳犬歯 上のC)
  • 男児1歳2か月~1歳8か月
    女児1歳3か月~1歳9か月
  • 8) 下の中央から3本目(乳犬歯 下のC)
  • 男児1歳2か月~1歳9か月
    女児1歳4か月~1歳9か月
  • ここまでで全部で16本。
  • 9) 最後が乳歯の一番奥の歯(第二乳臼歯 E)
    下が
  • 男児1歳11か月~2歳7か月
    女児1歳11か月~2歳7か月
  •  上が
  • 男児2歳0か月~2歳11か月
    女児2歳1か月~2歳10か月
  • →これで20本の乳歯がそろいました。

表にまとめると下のようになります。

男児

歯種 標準萌出機関
上顎 A 7か月 - 11か月
B 9か月 - 1歳2か月
C 1歳2か月 - 1歳8か月
D 1歳1か月 - 1歳7か月
E 2歳0か月 - 2歳11か月
下顎 A 5か月 - 9か月
B 9か月 - 1歳3か月
C 1歳2か月 - 1歳9か月
D 1歳1か月 - 1歳6か月
E 1歳11か月 - 2歳7か月

女児

歯種 標準萌出機関
上顎 A 7か月 - 11か月
B 9か月 - 1歳1か月
C 1歳3か月 - 1歳9か月
D 1歳1か月 - 1歳7か月
E 2歳1か月 - 2歳10か月
下顎 A 6か月 - 9か月
B 9か月 - 1歳2か月
C 1歳4か月 - 1歳9か月
D 1歳1か月 - 1歳7か月
E 1歳11か月 - 2歳7か月
日本人小児における乳歯・永久歯の萌出時期に関する
調査研究Ⅱ(日本小児歯科学会2019年)より引用


順序や時期には大きな個人差があります。
歯は前から奥に向かって順番に生えていくわけではありません。多くの場合は乳犬歯より奥歯の第一乳臼歯が先に生えます。(もちろん乳犬歯が先のこともあります。)
上記で紹介した生える時期や順序はあくまで平均的な例です。特に乳歯については順序や時期にかなりの個人差があります。順序のバリエーションも数十通りあるということです。

中央が生えていないのに2本目が先に生えたり、左右に差があることも乳歯では珍しくありません。1歳を過ぎても1本も生えない子もよくいます。ほとんどの場合には、その子なりのペースで生えそろっていきます。

歯が多数にわたって無いというケース(その場合の多くは先天性の疾患に伴うものです。)や一部の歯が、存在するのに生えないということも少ない頻度ながらあります。
乳歯の生え方や順序がご心配であれば小児歯科専門医等を受診すると良いでしょう。

乳歯の生える時期と順序02

※症例写真はすべて、患者さん・保護者の承諾を得て掲載しております

NEXT - 乳歯についての心配ごと

上へ戻る