小児歯科専門医

早いもので「今年もよろしくお願いします」と書こうと思っていたら、もう2月も半ばになってしまいました。

11日の祝日に、名古屋で「全国小児歯科開業医会(JSPP)」のフォーラムがあり、出席してきました。
日本各地の小児歯科を専門とする開業医が100名以上集まっての勉強会は、すばらしい内容でとても参考になりました。
近々平塚歯科医師会のセミナーで説明役をすることになっているのですが、それにも早速反映させたいと思います。

IMG_0405

小児歯科を専門とする歯科医師は全国レベルでみればたくさんいるのですが、地域ごとに考えると多くはありません。
日本の歯科医院のおよそ半数が「小児歯科」を標榜(看板に掲げること)していますが、専門性の高い歯科医師はごくごく一部です。
そのため、専門医にはその専門性を求めて広い地域から患者さんが来院されます。

当院にも先月は神奈川県内だけで19の市や町から、他都県を合わせると20地域以上からの来院がありました。
名古屋のフォーラムには全国の高名な小児歯科医が何人も参加されていましたが、私も信頼するスタッフと共に、規模は小さくともしっかりした専門性を維持していきたいと思います。

小児歯科 シーラント、フッ素より先に的確な診断

小児歯科においてフッ素(フッ化物)やシーラントは予防処置として重要な位置づけであるのは申し上げるまでもありません。
しかし、それらは虫歯(むし歯)になっていない歯、あるいは初期虫歯(むし歯)に対して有効なのであって、既に虫歯(むし歯)が進行していれば残念ながら削っての治療となります。

しばらく他の歯科医院に行っていて、当院に戻ってきてくださった4歳の患者さん。
歯が痛いとのことで来院されました。
奥歯にボテッとしたシーラントがしてありました。(黒い矢印)
比較的最近に受けた処置とのことでした。

FSとカリエス1

シーラントについてはこのブログの前回の記事をご参照ください。

ラバーダム(治療する歯を隔離して唾液中の細菌の侵入を防ぐ膜状の器材)をしないでシーラントをしたのは明らかで、このようなアバウトな処置がシーラントという処置法の信頼性を揺るがせる(奥歯の溝に過不足なく流し込まないために段差ができ、かえって虫歯(むし歯)を誘発する)原因かもしれません。
正しい方法でおこなえば確実に奥歯の溝を虫歯(むし歯)から守ることができるのですが、シーラントのデメリットを論じる方々は、このような望ましくない結果を恐れたり経験されたりしているのでしょう。
しかし、このお子さんに関してそれよりもっと問題なのは、シーラントをした歯と隣の歯には、歯の間や歯ぐきの近くに虫歯(むし歯)があるのに、それを無視してシーラントがしてあることでした。
上の写真の赤い矢印が虫歯(むし歯)の部分です。

X線で見ると、歯の間に初発した虫歯(むし歯)は既に歯髄近くまで達しています。
赤い矢印の上方の黒っぽい部分が虫歯(むし歯)で、矢印の右側の歯の外形と似た形の黒い部分が歯髄です。

FSカリエス」XP2

乳歯の虫歯(むし歯)は相当深くまで進まないと痛みが出ないのが特徴で、このように進行してから初めて痛みを訴えることが多いのです。
局所麻酔、ラバーダムをして削ってみるとやはり深く広がった虫歯(むし歯)があらわれました。

FSとカリエス2

下は治療終了近くの写真です。
ギリギリの線でなんとか歯髄への処置は回避でき、CR(コンポジットレジン)充填で済みました。

FSとカリエス3

他院の批判は慎むべきでしょうが、今回は書いてしまいます。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

You Tubeで「小児歯科」と検索すると、私がAngel Dental Clinicとしてアップロードした「小児歯科 低年齢児の虫歯治療の実際」「乳幼児の重度虫歯 治療の実際」という動画の他に、「小児歯科の増患・集患」というような歯科医院向け経営コンサルタントさんの動画が出てきます。
それによれば、小児歯科診療は成人の患者さんを呼び込むためのマーケティングのツールということのようです。
特に最近開業された歯科医院の経営戦略の上で、お子さんはそのご家族に自院に来てもらうためのきっかけ作りに使われているような印象です。
実際には虫歯(むし歯)があっても治療らしい治療もしないで、上記のような緻密とは言えないやり方のシーラントや簡便な方法でフッ素(フッ化物)塗布をする程度。
痛くもなく泣くこともなく、ご褒美のおもちゃやシールをもらって帰るとなれば、お子さんたちにとっては楽しくテーマパークに行ったか、せいぜい歯医者の体験教室に行ったような感じでしょう。
詳しい診査や記録の保存、X線撮影もしないなら、歯と歯の間の虫歯(むし歯)も発見できません。
幼稚園や保育園で知り合った保護者の方々の口コミやLINEその他ネットのSNS等で「子どもにやさしく、夜も遅くまでやっていて駐車場も完備」な歯科医院が人気になっていくのは必然です。
でも、逆に言えば駐車場もない当院に、遠方や海外からなぜ多くの患者さんが来てくださるのでしょうか。

上記のお子さんの場合、定期的に通院していた歯科医院のプレイスぺースで楽しく遊んだりしている1~2年の間に、奥歯の間の見えにくい部分で虫歯(むし歯)が進んでしまったようです。

こうした見えにくい虫歯(むし歯)は、幼稚園・保育園での集団健診でも見つかりにくいため、かなり進行してしまってから来られるケースも多いのですが、私の立場からすると結局は「もう少し早くお会いできれば」と感じることが少なくありません。

歯科医院経営が苦しい時代ですので、ひとりでも多くの患者さんを獲得するための手法があるのは理解できますが、確実な診断と的確な処置・治療こそが医療であると思います。

小児歯科診療 シーラント

シーラントをしておけば良かった・・・。
先日、定期診査(定期健診)におみえになった3歳後半のお子さん。
半年前の健診の際に、削って治療するべき虫歯(むし歯)はなく、全ての奥歯にシーラント(虫歯(むし歯)になりやすい奥歯の溝を削らずに埋める予防処置)をしようとご提案したのですが、お母さまも私たちも時間に余裕がなく、「半年後の健診のときにシーラントをしましょう」と見送ってしまいました。
上のお子さんには虫歯(むし歯)の治療経験があったので、このお子さんにも虫歯(むし歯)になるリスクがあるのはわかっていたはずなのに・・・。
そして、半年後。
残念なことに奥歯8本のうち3本の溝の部分が虫歯(むし歯)になってしまっていました。
3歳半より小さなお子さんは、下記するラバーダムの装着だけで泣いてしまうことも多いのですが、「ああ、あの時見送らずにシーラントをしておけば良かった」とたいへん悔やみました。

FSしておけば

局所麻酔の後、ラバーダム(治療する歯を隔離して唾液中の細菌の侵入を防ぐ膜状の器材)を装着して虫歯(むし歯)部分を削っていきましたが、ご覧のように1本はたいへん深い虫歯(むし歯)となっていました。

FSしておけば治療中深い

慎重に治療を進め、CR(コンポジットレジン)で修復しました。
虫歯(むし歯)になっていなかった奥歯や、治療した歯でも無事だった溝にはシーラントをします。
上の写真でお見せした2本の虫歯(むし歯)の治療後の写真です。

FSしておけば治療後

シーラントを全てのお子さんに勧めるべきかどうかは、議論が分かれていますが、当院では基本的に推奨しています。
シーラントの奥歯の溝に対する虫歯(むし歯)予防効果、あるいはごく初期の虫歯(むし歯)の進行抑制効果は絶大で、科学的にも高く評価されています。
近年は新しい製品も発売されていて、今年に入って歯科関係の雑誌数誌で特集が組まれました。
小児歯科学会でもシーラントに関するセミナーに出席してきましたし、当院エンゼル歯科でもメーカーの方に来ていただいて院内勉強会を開催しました。

研究者やメーカーの方々が口をそろえるのは、同じ製品であってもテクニックによって結果が左右される、ということでした。
奥歯の溝に過不足なくシーラントを流し込むのは繊細な技術と経験が必要です。
歯が生えきっていなくて使えない場合を除き、ラバーダムを使用することが大原則である、ということと、定期診査(定期健診)によって状態をチェックしていくということを実践すれば、多くのお子さんたちを虫歯(むし歯)から守ることができる歯科処置です。
それだけに冒頭に記したエピソードが残念で残念でならなかったわけです。

別のお子さんのシーラント処置前です。

FS 前

こちらがシーラント後の写真です。

FS後

虫歯(むし歯)予防と言えばフッ化物(フッ素)が有名で、シーラントの知名度はまだまだ低いですが、現代人を虫歯(むし歯)から守る上で、強力な私たちの味方です。

小児歯科 低年齢児の虫歯(むし歯)治療の実際 

「小児歯科 低年齢児の虫歯(むし歯)治療の実際」という動画をYou Tubeにアップしました。
乳歯の虫歯(むし歯)治療、特に低年齢児、乳幼児の上の前歯の重度虫歯(むし歯)の治療手順(ピド・フォームという器材を使用しています)について、前回アップした動画より詳細に紹介してみました。
奥歯1歯も同時に治療しており、当院で実践しているOne Quadrant Treatment System(局所麻酔の効いている範囲で多数歯を1回で治療する手法)の一端もご覧いただけます。

今回の動画は9分と長くて大作?なので、ご覧になるのもたいへんで恐縮ですが、我田引水ながら小児歯科にご興味のある研修中の歯科医師の方々にも見ていただきたい内容です。
専門的な映像と専門用語を含みますので、医療関係者以外の方は、どうしても必要な方のみに慎重にご視聴いただきたいですが、お子さんの重度虫歯(むし歯)にお悩みで解決策を探していらっしゃる保護者の方にもご参考になればと思います。
なぜBGMが「美しく青きドナウ」なのかですって?
You Tubeで簡単に使える曲で9分を越えるのは、この曲か葬送行進曲くらいしかなかったのです。すみません。

小児歯科が分野として歯科学の中に日本で確立した濫觴は、1970年頃にさかのぼります。
当時「虫歯(むし歯)の洪水」と言われたほど子どもの虫歯(むし歯)は多く、社会問題となっていました。
そこで、全国の大学歯学部に次々と「小児歯科」の研究室と診療室が開設されたということです。
そのパイオニアのおひとりが、アメリカから小児歯科診療のノウハウを持ち帰って若くして教授になられたO先生でした。
O先生の小児歯科診療は、治療中の歯への唾液中の雑菌の侵入をシャットアウトするため、スピットン(うがいをするための設備)がなく、ラバーダムというゴムの膜状の用具を徹底して用いたシステムです。

私は、O先生の研究室の中心メンバーであったM先生が後に開業された小児歯科専門歯科医院に勤務し、その診療スタイルを受け継ぎました。
M先生は、歯科医師としての適性があったとも思えないかつての私に、本当に根気よく教えてくださいました。
「修復物が脱落することが少ない」「一度治療した歯が再感染することが少ない」のはこの診療システムに負うところが大きいものと思います。

小児歯科という狭い分野ではありますが、良き師に恵まれ、誰に見られても恥ずかしくない診療を日々提供できることに、歯科医師として幸せを感じています。

乳幼児の重度虫歯(むし歯) 治療の実際

乳幼児の重度虫歯(むし歯)治療の実際 というタイトルでYouTubeに動画をアップしました。
研修中の歯科医師の方々、医療・保育関係の方々、お子さんの重度虫歯(むし歯)でお困りの保護者の皆様のご参考になれば幸いです。

乳幼児・低年齢児の虫歯治療

かわり映えもしませんが、今回も、低年齢のお子さんのむし歯、特に授乳や哺乳瓶使用が背景にある上の前歯の重度の虫歯(むし歯)の治療についての情報をお届けしたいと思います。

乳幼児の虫歯(むし歯)はデータの上では全体として減少しているのですが、虫歯(むし歯)のほとんどないお子さんと多数の虫歯(むし歯)や重度の虫歯(むし歯)になってしまうお子さんの二極に分かれる傾向も指摘されています。
また、1~2歳の低年齢で重度の虫歯(むし歯)になってしまうお子さんの多くは、授乳や哺乳瓶の継続が関係しています。
とはいえ、母乳やミルクが直接的な原因だとすれば、他の動物の赤ちゃんも虫歯(むし歯)になるはずですが、そんなことは起きません。ヒト(人間)だけにこのようなことがあるのは、人間の口の中特有の事情によるものと考えられます。そのメカニズムは完全には解明されていませんが、それについての考察や治療の方法・手順についてはエンゼル歯科サイト内の各項目ももご参考ください。

さて、低年齢のうちに重度の虫歯(むし歯)になってしまっても、多くの場合、治療は可能で、健康保険の範囲内です。
しかし、このような治療を実施しているのは小児歯科の専門性の高い医療機関に限られます。
小児歯科専門医は日本小児歯科学会や全国小児歯科開業医会(JSPP)のサイトから検索できます。

ただ、2歳前の体力がない時期の歯科治療はお子さんの負担も大きいことから、進行抑制剤(サホライド)等でむし歯をコントロールしながら、できれば2歳半頃からの開始としたいところです。
当院サイト内の写真と同じものですが、上の写真が乳歯の重度虫歯(むし歯)治療前、下がCRジャケットクラウンによる治療後です。

jpg治療前

治療後jpg

歯科衛生士募集

歯科衛生士を募集しております。

今や歯科医院の数はコンビニエンスストアよりも増え、多くの歯科医院では過当競争を勝ち抜くため、流行中の診療内容の導入や、自由診療への誘導などに歯科衛生士さんも巻き込まれてしまいがちです。医療職であるはずが営業職のようになっているケースもあるようです。

しかし、当院の場合は、低年齢児の歯科診療に特化していることから、重度の虫歯(むし歯)でお困りの乳幼児と保護者の方々が、平塚市近郊のみならず他の都府県や海外から来院されることもあり、営業的な業務はありません。
読売新聞「病院の実力」欄小児歯科部門トップ掲載など、社会的評価も高いと自負しています。
治療とその後のケア、シーラント等の予防処置や保護者へのTBIなど、歯科衛生士の活躍の場は広く、「自分の持つ知識や技術で困っている人を助ける」という医療本来の姿を体現しています。

一般歯科の診療内容とは異なる面も多いので、ご経験のある方はかえって戸惑われるかと思いますが、ゼロからサポートしますのでご心配は不要です。
卒業予定の方、卒後まもない方、臨床経験が浅い方、ブランクのある方など、いずれも大歓迎です。
勤務条件を記しますので、ぜひご検討の上、電話、メール等でお問い合わせください。
見学も随時受け付けております。

勤務地 JR東海道線平塚駅より徒歩2分
基本給 183.600円(新卒の場合。既卒の方は臨床経験年数に応じます。)
資格手当 35.000円
皆勤手当 2.000円

勤務時間 9:30~18:30 残業はほとんどありません。
診療時間10:00~12:30(午前最終予約12:00)14:20~18:00
(午後最終予約17:40)
休日  日曜、木曜、祝祭日、ゴールデンウイーク(2017年は9連休)、夏季(8連休)年末年始(8連休)
保険  雇用・労災
昇給  年1回
賞与  年2回
交通費 全額支給
お問い合わせ 電話0463-21-5073  
       Mail sasaki@angel-dc.com

子どもの虫歯治療 重症例のその後

子どもの虫歯治療、特に低年齢で重度のケースの治療を実施している歯科医院は少なく、当院には遠方の患者さんの保護者からの問い合わせや来院が頻繁にあります。

以前にも書きましたが、現在では全国の歯科医院数(約68.000)の半分以上(約39.000)が「小児歯科」と標榜(ひょうぼう=看板に掲げること)しています。
矯正歯科や歯科口腔外科と比べると、特別な研修歴がなくても標榜しやすいイメージがあり「小学生などの小児も診療しますよ」という歯科医院側からのメッセージにもなるので、新たに開業する歯科医院のほとんどが「歯科」と併せて「小児歯科」を掲げます。
しかし、その中で乳幼児の重度虫歯に対応できる歯科医師は限られます。
会費さえ納入すれば所属できる日本小児歯科学会の会員数(約4.400名=大学等に勤務する歯科医師も含む)から推測すると、小児歯科を標榜している開業歯科医師の学会入会率は10%にも満たないのが現実です。
学会に入っていることで得られる小児歯科臨床に関する情報量はかなり多いと思うのですが。
小児歯科学会の会員の中でも、厳しい審査や資格更新のための研修を経た歯科医師に与えられる日本小児歯科学会の認定医・認定専門医(合計で約1.400名)はその有資格者であることを広告することが許されてはいますが、一般の方々からは単に小児歯科を標榜している歯科医院との違いはわかりにくいでしょう。

もちろん、小児歯科の認定専門医や小児歯科学会員でなくても良い医療を提供する歯科医師はたくさんいます。
乳幼児、低年齢児の場合、重度虫歯、重症虫歯でないのなら、ご自宅から近い歯科医院を受診した方がその後のフォローや緊急時の対応の面でも望ましいと思います。
一方、多くの地域では通院1時間圏内くらいに小児歯科の専門性の高い医療機関があります。
乳幼児、低年齢児で重度虫歯、重症虫歯のケースは下記のサイトをご参考に探されることをお勧めします。

http://www.jspp.net/

http://www.jspd.or.jp/

さて先日、当院でも最も低年齢で最重症の虫歯だったお子さんが、当院からの定期診査の勧めには応じていなかったのですが、久しぶりに来院されました。

初診時の状態です。

 

遠藤柚葉治療前002

 

奥歯には軽度の虫歯がありましたが、重度虫歯だった上の前歯の治療後は、写真のように経過良好でした。

遠藤柚葉3歳10か月

X線的にも問題なしとは言えませんが、歯の揺れや修復物の脱落もなく、しっかりしていました。
硬組織(歯の硬い部分)の虫歯は自然治癒しませんが、根尖(歯の根の先)や歯根膜には特に小児では旺盛な治癒力があり、的確な治療と子ども特有とも言える生体の力が現在の状態に導いたものと思われます。

 

遠藤柚葉3歳10か月XP

私自身、こうした経験の積み重ねによってスキルアップさせていただいている面もあります。

人気のテレビドラマ「ドクターX」のように「私、失敗しないので」とは言い切れませんし、良好な経過をたどるまでには患者さん側の生活習慣の改善状況や免疫力の高低なども関係してきますから、すべてのケースでうまくいくわけではありません。
幼いのにがんばって治療を受けてくださったお子さんたちに感謝しつつ経過を見守りながら、最終目標である永久歯の健康の獲得に向けて伴走していきたいと思います。

数日前にもこんな患者さんがみえました。
全力を尽くして治療していきます。

IMG_0796

☆従来、「虫歯」でなく「むし歯」と記していましたが、これは虫が原因の病気ではないので誤解されないように、という意図で日本学校歯科医会や日本歯科医師会が推奨している表記に合わせたものです。しかし、新聞等の表記は「虫歯」であり、一般の方々のネットでの検索の便を考慮し、私としては抵抗があるのですが、あえて「虫歯」としてみました。

小児歯科医療における連携の大切さ

平塚は今、湘南平塚七夕祭りの真っ最中です。
今日はかなりの人出です。

サッカーの日本代表はワールドカップ出場を決めましたね。サッカーに限らずチームスポーツには連係プレーが不可欠です。

連携が大切なのは医療についても同じです。
私は小児歯科専門の歯科医院を開業して20年以上経ちますので、その間いろいろなケースを経験してきました。領域の異なる他の医療機関との連携のもとで診療をおこなうことも多く、お互いに信頼関係を築いています。
 
同じ歯科の分野では病院の歯科口腔外科、障がい者歯科や矯正歯科に特化した診療所等に診断や治療を依頼する機会があります。

歯科以外では、私の歯科医院が小児歯科専門であることから特にお世話になっているのが病院や医療センターの小児科の先生方、地域の小児科の開業医の先生方です。

たとえば心臓に先天性の疾患をお持ちのお子さんの歯科治療をする際は、感染予防のための薬を治療前に服用していただいたり、常用薬を一時的に中止していただくことが必要な場合があります。
そのようなケースは、お子さんの状態や歯科治療に際しての注意点も含めてかかりつけの小児科医に相談してから治療を開始するようにしています。 

また、歯科の守備範囲でない病気の診療を小児科にお願いしたり、逆に小児科から歯や口腔の疾患でご紹介いただくことも少なくありません。

先日、むし歯が原因で顎の骨に炎症が及んだお子さんが来院されました。
この写真は別のケースですが、むし歯(虫歯)が原因で歯肉だけでなく顔まで腫れてしまうことがあり、ときには発熱などの全身的な炎症症状もあらわれます。

そのお子さんも高熱と歯の痛みで夜も眠れない日が続いていたそうですが、発熱の原因としてむし歯(虫歯)からの炎症と風邪等の病気の両方が考えられました。
結局、小児科医の先生と連絡しあって二つの診療所を行き来していただくことになりましたが、連携の結果としてベストな処置や投薬が実現し、お子さんの回復につなげることができました。

地域の医師会や歯科医師会の会員同士であれば、それぞれの専門性を生かした連携や紹介がスムースにおこなわれることが多いので、このようなネットワークも医療機関の持つ大切な機能の一部であると思います。

口腔外傷を含む小児の緊急処置について

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

1月10日にテレビで都立小児総合医療センターにおける小児ERの診療についての報道がありました。
同センターでは、受診するお子さんの緊急度をトリアージ室で判断し、重症なお子さんを優先的に診療する体制ができていました。
また、生命の危険がある場合のドクターカーの出動の様子や、食事量が少なく育児放棄の可能性があるケースへの対応、外来局所麻酔下での泣く子への頭部皮膚縫合処置の実例などが紹介されていました。
センターのホームページを見ると、歯科の分野である小児歯科、矯正歯科を含めた数多くの診療科が開設されています。
このような医療機関が近くにあれば、保護者の方々も私たち医療者も心強いのですが、ここ平塚市からは距離があります。県内には県立こども医療センターもありますが、残念ながらこちらも遠方です。

平塚市周辺では、小児科の開業医の先生方や、いくつかの大学病院、総合病院の救急外来、口腔外科を含む外科系の診療科などが小児の救急診療を担っています。
歯や口腔の外傷については、診療時間内であれば当院を受診するケースもあります。

しかし、小児に対する総合的な医療サービスの実施や、疾患の種類・病態に応じた受診科の選択などに関する視点から見ると、医療機関同士の連携も少なく、診療時間の制約や診療科それぞれの守備範囲の問題等、地域としては課題があるように思います。
内科系の病気であれば小児科ですが、外傷の縫合処置などは小児であっても成人と同じ外科系の診療科で主に実施されていると思われます。
いくつかの診療科にまたがる状況(たとえば頭部打撲や顔面裂創もあり、歯も抜けたり折れているなど)では脳外科、形成外科、小児歯科・口腔外科の対応となるでしょうが、二つ目以降の診療科受診は翌日に持ち越されがちです。(状況的な優先順位にかかわらず、保護者が考えた順序での受診となることが多く、その間に医療的なアドバイスをする人も少ないしシステムもありません。)

小児には成人とは異なる医療が必要な面もありますし、上記した医療センターのような小児に特化した総合医療機関がもしあれば、各科連携のもとに連続した専門診療が受けられるでしょうから少しうらやましいですね。
また、この地域では、受診先をどこにするかは保護者の判断や、問い合わせた先の担当者の判断にゆだねられますが、救急車の要請を含めて、疾患・病態に合致した医療機関、診療科に行きつくとは限りません。

先日、外傷のため当院で口の中を縫合したお子さんは、保護者がいくつもの医療機関や公的機関に問い合わせた末に当院受診に至りました。
受傷の程度は軽いものではありませんでしたが、傷は主として口の中で、顔面の傷は軽度だったので顔面皮膚の縫合は不要だったのが不幸中の幸いでしたが、将来に傷跡を残さないような皮膚の縫合は、私の技術や常備してある器具の守備範囲を超えています。
もし顔の傷がもっと深ければ形成外科受診も必要だったところでした。
下の写真は受傷後10日ほど経って傷も治癒してきた頃のものです。

お子さんが急な病気や怪我に見舞われたとき、保護者の方は気が動転している中で、できる限り正確な状況を電話で伝えるしかありません。私の経験では、状況を過小評価する方もいらっしゃれば、逆に小事を大事と受け止めてしまう方もいます。
総合的な小児医療機関がない地域では、受診先の振り分けやトリアージの機能を有する小児救急医療に関する相談窓口の開設が必要なのではないかなという思いが、冒頭に記したテレビ番組を見て深くなりました。