エンゼル歯科

2020年05月25日 :緊急事態宣言解除後の診療について

緊急事態宣言が解除されましたので、状況を見ながら徐々に通常の診療体制に戻して参ります。
まだ「3密」の状況に警戒が必要なため調整をさせていただいておりますことや定期診査のご予定だった方に延期をお願いしておりましたことで、ご希望の日時にご予約いただけない場合も生じますことにご理解を賜りますようお願い申し上げます。
登園、登校も始まりますが園や学校のスケジュールをご確認の上、お電話(0463-21-5073)にて(痛みや問題がないようでしたら急がずに)診療の続きや定期診査をご予約ください。
付き添いの方の人数は少なく、時間厳守でお願いいたします。
歯科医院における一般的な感染防止対策に加え、飛沫の飛散を防止する
ラバーダムの常時使用とスピットン(多くの歯科医院で診療チェアの横にある「うがい設備」)が存在しない
ため唾液等が飛び散らないという小児歯科専門医院ならではの感染防止体制にてお待ち申し上げます。

2020年04月08日 :緊急事態宣言下の診療と小児歯科相談について

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が延長されました。(5/4/追記)
当院では定期診査と予防処置ご希望の方は緊急事態宣言等の社会状況を見て電話(0463-21-5073)でご連絡いただくことといたしました。
5月についても当面は4月に引き続き、痛みや腫れ、怪我(外傷)やその他の緊急な患者さんを優先とさせていただきます。
治療途中のお子さんや明らかな虫歯(むし歯)などで受診ご希望のある方は、外出や来院により新型コロナウイルスの感染のリスクがあることをご認識いただいた上で、一日当たり少人数のご予約として感染予防や換気に留意しながら診療いたします。
定期診査ご希望で、問題のなさそうな方はできればもう少し延期としてください。
来院される方はご予約時間の厳守と、付き添いの方の人数を最低限にしていただくようお願いいたします。
緊急でない状況のお子さんの保護者の方は歯科治療を延期することもご検討の上、既にご予約がある場合で来院を見合わせる際には必ずご連絡ください。
現在ご予約がなく、痛みや腫れ、怪我(外傷)やその他の緊急なご相談についてはまずお電話をいただき、状況によって外出や来院により新型コロナウイルスの感染のリスクがあることをご認識いただいた上で診療いたします。
診療日は診療カレンダーでご確認ください。
ご相談は下記のメールやTwitterのDMもご利用ください。
虫歯(むし歯)の痛みがある場合は、薬局や通販で入手可能な小児用バファリン等の消炎鎮痛剤が有効なこともあります。
日曜日、祝祭日に歯や口の緊急症状がある時は平塚市休日急患歯科診療所に電話(0463-55-2176)でご相談ください。

また、外出を控えていらっしゃる全国のお子さんの歯や口に関するご相談をメールやTwitterのDMでお受けしております。
直接拝見しないと正確な診断は不可能ですが、ケースによっては経過を教えていただいたり画像をお送りいただくことで小児歯科受診の必要性の有無等、今後の対応をお返事できることもあります。
どうぞご利用ください。
Mail pake@ua.airnet.ne.jp
こちらのサイト下段の「お問い合わせ」からも送信いただけます。

Twitterは→こちらからhttps://twitter.com/AngelDCforkids
または下のQRコードをスマートフォンのカメラ機能やLINEの友だち追加から読み込みをお願いいたします。
TwitterQR

2019年11月08日 :ストローが歯にはまる事故を知ってください.

「ストローが歯にはまる事故を知ってください」というタイトルでブログ「院長にっき」を更新しました。
ぜひ、ご一読ください。

ストロー2019-0

2019年10月11日 :乳歯にはまり込んだストローの除去の動画をアップしました

エンゼル歯科YouTubeチャンネルに「乳歯にはまり込んだストローの除去」の動画をアップしました。
説明欄もご一読ください。

2019年07月04日 :小児歯科専門医の診査法

小児歯科専門医の虫歯(むし歯)診査法というタイトルで院長にっきを更新しました。

2018年11月02日 :子どもの歯が痛い

一度治療したはずのお子さんの歯に強い痛みが出てしまうことがあります。
「子どもの歯が痛いというタイトルで院長にっきを更新しました。

2018年09月29日 :園や学校の歯科健診をクリアするには

「幼稚園・保育園・学校の歯科健診をクリアするには」のタイトルで院長にっきを更新しました。
お子さんがたびたび受診のすすめをもらってしまう方、歯科治療が進まない、終わらないとお感じの方にお読みいただきたい内容です。

2018年05月29日 :学校歯科健診の判定と現実の虫歯(むし歯)とのギャップ

学校歯科健診等の集団健診には意義がありますが、確定診断の場ではありません。
歯科医院での診査や診断とのギャップは当然あります。
そのあたりを院長にっき最新記事で解説してみました。

2018年04月27日 :集団歯科健診と小児歯科での個別健診の違い 情報更新

幼稚園や保育園、学校での集団歯科健診と小児歯科における精度の高い診査の違いについて、
院長にっきの記事を更新しました。

2018年04月17日 :外傷で歯が抜けてしまったら~情報更新

外傷によって歯が抜け落ちてしまった場合の対応についての内容で、院長にっきを更新しました。

A脱臼-2

再植し、ワイヤー固定した乳歯の完全脱臼ケースです。

-5A脱臼

次のページ »