HOME > 初めて来院される方へ > 治療終了までの流れとアフターケアについて


 

診療のながれ
 

当歯科医院では、通常次のような手順で受診していただいております。
ご協力をお願い申しあげます。

 

1.受付に保険証をご提示ください。☆医療費助成の受給証をお持ちの方は合わせてご提示ください。
☆保険証は毎月確認させていただきます。
矢印
2.問診表の記入をお願いいたします。矢印3.お名前をお呼びしましたら診察室へお入りください。☆3歳以上のお子様は原則としてお子様だけで入室させてください。
☆体調が悪いときや、あらかじめお知らせいただくべきことがある場合には早めにお伝えください。
矢印4.お口の中全体の診査をいたします。☆急患の方(痛みや腫れがあるときや外傷など)は症状の強い部分を中心に診査をいたします。
☆必要があればX線撮影をおこないます。
矢印5.治療・予防処置の計画をご説明いたします。☆保護者の方をお呼びいたしますので、ご入室ください。
☆治療費用や通院回数の見込みについてもお話します。どのようなことでもお気軽にご質問ください。
矢印
6.ご同意があれば計画にもとづいて1回目の治療・処置をおこないます。☆保護者の方は待合室でお待ちください。
☆お子様の治療・処置内容に大きな変更が生じるときなどに、保護者の方をお呼びすることがあります。
矢印
7.治療・処置終了後は受付でお呼びするまで待合室でしばらくお待ちください。矢印
8.会計・次回の予約等をお願いいたします。

▲ページTOP


治療終了までの流れとアフターケアについて

むし歯(虫歯)は人によってかかりやすさが違う不公平な病気です。
 

低年齢でむし歯になってしまったお子さんは、治療も大切ですが、その後の予防処置やアフターケアはもっと大切です。
 

また、ご家族の方(特に子育ての中心となるお母さま)にむし歯が多かった場合には、ミュータンス菌の感染により、お子さんもむし歯になりがちです。でも、同じ苦労をお子さんにはさせたくないとお考えになると思います。
 

このようにリスクの大きなケースであっても、積極的な予防処置や定期的なチェックによって、今後むし歯と縁のない人生をお子さんにプレゼントすることは可能です。
 

また、小児期は顎の成長や歯の生えかわりに伴い、お口の中に様々な問題が起きやすい時期でもあり、お子さんに対する定期的なフォローは成人以上に大きな意味があります。
 

当院における治療とその後のアフターケアは次のような流れとなります。
 

1.  初診お口の中を詳しく調べ、治療や予防処置の方針についてご説明します。
矢印
2.  治療・予防処置OQTシステムにより、必要に応じた回数の通院をしていただき、むし歯の治療や予防処置をおこないます。
矢印
3.  保護者の方にブラッシングとフロスの練習をしていただき、PMTCやフッ化物応用で一連 の処置が終了となります。

このような治療や予防処置が終了した後は、むし歯のリスクの程度に応じた間隔で(3~6ヶ月ごとに)定期診査をお受けになることをおすすめしています。
定期診査では、新しいむし歯がないか、今までに処置した歯に問題がないかを含め、細かい点まで記録を取ります。

矢印
4.  定期診査の際には、シーラント処置やPMTC及びフッ化物応用などの予防処置について、ご提案します。
矢印
5.  永久歯への生えかわりや歯ならびについても随時フォローしていきます。

上記はおおまかな流れですが、それぞれのお子さんに応じてきめ細かいアフターケアを実施していくことにより、むし歯やお口の中のトラブルを予防していきます。

▲ページTOP