HOME > 低年齢児のむし歯治療・予防 > 低年齢児のむし歯治療-重度


 

低年齢児のむし歯治療-重度

■乳歯の前歯の重度のむし歯の治療

低年齢児であっても、虫歯の治療は可能です。健康保険の適用にもなっています。
できれば2歳半頃まで待ちたいのですが、1歳代で治療を開始せざるをえないケースもあります。

 

治療前

このように、低年齢(おおむね3歳未満)で重度のむし歯になってしまった場合、うとうと眠りながらの母乳の授乳やほ乳びんの長時間の使用が背景にある場合がほとんどです。
 

ほ乳びんの中身が、糖分が多くて酸性の強い飲料(スポーツドリンク、乳酸飲料、リンゴジュースなど)である場合は特に重度となりがちです。
 

■授乳と低年齢児のむし歯(虫歯)の関係の説明はこちら(PDF) 

矢印 治療後

多くの場合、ラバーダムというゴム製シートで歯を隔離し、局所麻酔を用いた痛みの少ない歯科治療によって、形態や機能を回復することができます。この写真のケースは、CRジャケットクラウン(ピド・フォーム)という方法で修復しています。

むし歯の再発を防ぐには、原因となった習慣をやめることが大切です。

 

■ラバーダム

ラバーダム



ラバーダムを使用することで、修復物の脱落や細菌の侵入の原因である唾液をシャットアウトした確実な処置が可能となります。これにより一度治療した歯の再治療の確率も低くなります。

▲ページTOP

■乳歯の奥歯の重度のむし歯の治療

治療前
乳歯のむし歯治療前
このように、深く、歯髄にまで達するようなむし歯であっても、痛みを訴えることは少ないのが乳歯のむし歯の特徴です。
矢印 治療後
乳歯のむし歯治療後
歯髄の処置後、金属の冠で修復します。この場合でも、永久歯への抜け替わりはスムースにおこなわれることが多いですが、治療後も定期的な診査は必要です。

 

▲ページTOP