HOME > あかちゃんの歯 > 歯ぐきや小帯(すじ)の心配2

 

歯ぐきや小帯(すじ)の心配

■上唇小帯について

上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、上くちびると歯ぐきとをつないでいる「すじ」です。2歳未満ではこの小帯が太く、歯ぐきの頂上から上の前歯の間に割り込むようにまわりこんでいる場合が多く、これは正常です。1歳6か月児健診などで指摘されることがありますが、よほど極端なものでなければ心配なく、乳幼児期に切除する必要はありません。年齢と共に付着位置が歯ぐきの頂上から降りてくるのが普通です。
 

舌小帯
矢印上唇小帯
(やや太いタイプだが正常)

 
■舌小帯について

舌小帯(ぜつしょうたい)は、舌の裏側にある「すじ」のことです。この小帯が短いことを乳幼児健診等で指摘されることがあります。舌の先が歯のはえる部分を越えて前方に伸ばせるようなら乳幼児期においては特に心配はありませんが、専門家の中には積極的に切除をおこなうのが良いとする意見があります。舌小帯が短いために授乳がうまくいかないようなら小児科医などに相談すると良いでしょう。また、成長してから、発音他に影響がある場合は切除をおこなうこともあり、小児歯科医などで経過をみてもらいます。

舌小帯(ぜつしょうたい)
矢印舌小帯(やや短いタイプ)

 

▲ページTOP