HOME > あかちゃんの歯 > 歯についての心配5

 

歯についての心配

■歯の外傷

つたい歩きをし始める頃から、歯やお口の外傷の危険が増してきます。歯の外傷にもいろいろな種類がありますが、いずれにしても受傷したらできるだけ早く処置を受けるのが良い結果につながります。もしも歯をぶつけて怪我をしたら・・・

1) 歯よりも重大な問題(頭を打っている、意識がうすい、口以外からの出血など)がないことを確認します。
2) 受傷部分をよく見ます。 
3) 出血があれば清潔なハンカチなどで止血を試みます。

☆歯が抜け落ちていたら歯の根の部分にはなるべく触らずに、牛乳に入れて、できるだけ早く歯科医院へ。
 

☆割れたかけらがあれば拾って持参。
 

☆今にも抜けそうだったら元の位置に戻せれば戻す。
 

☆上の例とは反対に歯ぐきに埋まったような場合はそのままで歯科医院へ。
 

■歯肉や小帯の外傷歯肉、上唇小帯なども、ぶつけたときに切れやすい場所です。すぐに縫合などの処置を受けた方が良い場合もありますので、楽観せずに早めに受診しましょう。
 

処置前
歯肉や小帯の外傷
矢印 処置後
歯肉や小帯の外傷
外傷の一例。歯が抜けかかり、歯肉も切れてしまいました。 左の写真の処置後。歯を戻してワイヤーで固定し歯肉は縫合しました。抗生剤を服用し、経過を観察します。

▲ページTOP